<< 衝動買い | main | 目を休ませる >>
2007.11.16 Friday

Mac版表計算ソフト

Mac版表計算ソフト「Numbers」というのが発売されたらしいです。
で、アスキーのMacPeople誌から「Excel専門家の目から見た評価記事を書いて欲しい」と依頼がありまして、おもしろそうなので引き受けました。

■アップル - iWork - Numbers - Numbers ’08の新機能

最大の特徴は、ワークシートがオブジェクト化されていることです。Excelのように、ドキュメントのベースエリアはワークシートではなく「キャンバス」という無地の領域です。そのキャンバスに「好きな大きさのシート」を「好きな位置に」配置できます。遠く離れた列幅に悩まされることはなく、Macらしい自由なレイアウトが簡単に実現できます。

Macには不慣れなので、短い期間ですべての機能は把握できませんでしたが、用意されている関数もかなりのボリュームで、一般的な計算でしたら何も問題はないでしょう。関数名や引数もExcelとほぼ同じですから、Excelのブックをそのまま開いても、ほとんどの場合は大丈夫です。

特に便利だと感じたのは「チェックボックス」を使った計算です。たとえば下図のように。



チェックボックスをセルに挿入すると、状態によってTRUE/FALSEが「そのセル」に代入されます。SUMIF関数を使えば、チェックボックスがオンになっている行だけ簡単に合計できます。上図では引数に行のタイトルを指定していますが、これは特別なシートで、Excelでいう「リスト」のような仕組みです。



↑これは試しに作ってみたところ。こうした合計を求める表「だけ」を作ったところで、Excel的な感覚では使い勝手に疑問が残ります。その他のデータを入力したいときはどーするの?って。でも大丈夫。このシートはキャンバス上の好きな位置に配置できますし、その他のシートを好きなだけ配置可能ですから、どーとでもなります。

もちろんExcelでも同じことができます。しかし、ツールバーからチェックボックスを配置して、リンクセルを設定して・・・と、ビギナーにとっては決して楽しい操作ではないでしょう。Numbersなら、マウスを2回クリックするだけで完了です。

Excelデータとの互換性は決して高くありません。これは設計思想の異なるソフトですから、ある意味当然でしょう。試しにやってみましたが、配列数式やピボットテーブルはすべて値に変換されてしまいました。

短い期間触っただけですが、けっこうおもしろいソフトです。何より定価が1万円を切っているのが魅力ですね。Mac版Officeがいまひとつ普及しないのは、4万円近い価格が原因だと思います。私もNumbersを使ってみたくなりました。

でも、その前にMacを買わなければならないのですけど(^^;
コメント
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック
Calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< November 2020 >>
Selected Entries
Categories
Archives
Recent Comment
Recent Trackback
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Links
Profile
Search this site.
Others
Mobile
qrcode
Powered by
30days Album
無料ブログ作成サービス JUGEM