<< Windows Vista がやってきた - Part 1 - | main | Windows Vista がやってきた - Part 3 - >>
2007.12.04 Tuesday

Windows Vista がやってきた - Part 2 -

前回

>ここまでは、実にスムーズに事が運びました

と書きましたが、そういえば思い出しました。ソフトのインストールでひとつ悩んだことがあります。CtrlキーとCapsLockキーの位置を変更するなど、便利なAltIMEを組み込んで実行したところ、まったく機能しませんでした。

まず最初に入れたソフトということもあって、Vista自体もほとんど初期状態のまま。そういえば、何かの操作をしたり、何かのプログラムを実行するたびに「この操作を続行するには許可が必要です」のような、ウザイ確認メッセージが表示されていました。もちろん、ただウザイと感じていただけで、それがAltIMEに関連してると気づくまでは、数十分かかりました。

AltIME自体はエラーなく実行できました。今までのXPでは、初回に起動したとき「設定を変更したから再起動してね」的なメッセージが表示されるのですが、Vistaではそれがありませんでした。ちょっと気になったものの、タスクトレイにアイコンが表示されたので安心していました。ところが、まったく機能していません。原因はVistaの「ユーザーアカウント制御(UAC)」でした。

ヘルプによるとUACは、

ユーザー アカウント制御 (UAC) は、Windows の機能の 1 つであり、許可されていない変更がコンピュータに加えられるのを防止するのに役立ちます。UAC では、コンピュータの動作に影響する可能性がある操作や他のユーザーに影響する設定を変更する操作が実行される前に、ユーザーに許可を求めるか、管理者パスワードの入力を求めます。UAC のメッセージが表示された場合は、そのメッセージを注意して読み、開始されようとしている操作またはプログラムの名前が、開始しようとしたものであることを確認してください。
ということらしいです。AltIMEは初回起動時にレジストリを書き換えます。キーの配置を変えるんですね。で、再起動するとこの設定が有効になってAltIMEの制御下になるんですが、どうやらこの"レジストリの書き換え"がUACによってブロックされているようです。ネットを検索したら、似たような事例が報告されていました。

とりあえずUACをオフにしたら、無事にCtrlキーが入れ替わりました。で、とりあえず今もオフにしたままです。セキュリティ上好ましくないのはわかっていますが、とりあえずは使えるようにするのが先決です。セキュリティセンターを見ると、もうひとつマルウェア関係のアラートが出ています。Windows Defenderを有効にしろと言っていますし、試してみたい気もするのですが、とりあえず今日と明日、某企業のExcelセミナーでこのPCを使いますので、このままの状態にしておきます。いま急に何か使えなくなったらセミナーになりませんからね。

コメント
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック
Calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< November 2020 >>
Selected Entries
Categories
Archives
Recent Comment
Recent Trackback
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Links
Profile
Search this site.
Others
Mobile
qrcode
Powered by
30days Album
無料ブログ作成サービス JUGEM