<< Windows Vista がやってきた - Part 2 - | main | 突然死・・・ >>
2007.12.06 Thursday

Windows Vista がやってきた - Part 3 -

仕事がら、やはりExcel 2003とExcel 2007の両方をインストールしておかなければなりません。このノートパソコンは、ExcelやVBAのセミナーでも使うつもりなので、両方の環境が必要です。

両者のインストールは無事に終わりました。それぞれを起動してアクティベーションも済ませ、動作に問題がないことも確認しました。いつもの環境を再現するために、専用のツールバーをコピーし、いくつかの自作アドインも仕込みました。完璧です。

Excel 2003とExcel 2007が同居している環境では、ブックのアイコンをダブルクリックすると、原則としてExcel 2007で開かれます。ただし、すでにExcel 2003が起動している場合には、そのExcel 2003で開かれます。このように、状況によって起動するExcelが異なりますので「どのExcelで開くか」を毎回特定できるようにしたかったです。それには、コンテキストメニューの[送る]に、各Excelのショートカットを入れておくのが簡単で便利です。

ところが、作成したショートカットを[SendTo]フォルダにコピーしても、[送る]メニューに表示されません。あれ?コピー先のフォルダを間違えたかな・・・と[SendTo]フォルダを開こうとしましたが、なんと開けません。



Windows XPの[SendTo]フォルダは、C:¥Documents and Settings¥<ログイン名>¥SendTo にありました。Vistaではこの手のフォルダがC:¥Users下にあり、同時に複数のショートカットも設定されているようです。その[SendTo]フォルダのショートカットを開こうとするとエラー。じゃ、フォルダの本体はどこ?と探しましたが、それが見あたりません。こんな基本的なことで悩まされるなんて、Vista恐るべし!

自力で探し出すことができなかったので、ネットで検索すると、次の場所が本体だとわかりました。いやぁ・・・たったこれだけのことなのに、かなり悩んでしまいました。

C:¥Users¥<ログイン名>¥AppData¥Roaming¥Microsoft¥Windows¥SendTo

このうち
Usersフォルダ→ReadOnly
AppDataフォルダ→Hidden
Microsoftフォルダ→System
SendToフォルダ→ReadOnly
と、どんだけハードル高いんだよ。「Quick起動」へ送るときは、コンテキストメニューに専用の命令が追加されたのに、「送る」フォルダへ送るときはかなり苦労しそうです。
コメント
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック
Calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>
Selected Entries
Categories
Archives
Recent Comment
Recent Trackback
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Links
Profile
Search this site.
Others
Mobile
qrcode
Powered by
30days Album
無料ブログ作成サービス JUGEM